×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語で話そう.netとは?
はじめまして! あなたの
パーソナル・イングリッシュ・トレーナー、takeです。
(詳しい自己紹介はこちら)。
私は1年前に、
「何とか英語を話したい!」 「英語が話せたら楽しいだろうな」
という方のために、
「英語は決して難しくないんですよ!」
ということをお伝えするために、この「英語を話そう.net」を立ち上げました。


後述しますが、私たちは間違った方法で英語を習ってきたため、
いまだに英語が苦手だと勘違いしているのです。

私があなたを、できるだけ簡単な方法で、てっとり早く英語を話せる状態にいたします。
Take先生とは?
あらためまして、Take先生こと、堀之内豪人と申します。

突然ですが、英語、話したいですか?
私は話せます。
ただし、完璧ではありません。
ですが、外国人と意思疎通をすることは可能です。
なぜか?

私が帰国子女だから?
・・・いいえ、私は宮崎県で育った、純日本人です。
私に語学の才能があるから?
・・・才能があれば、今頃もっと大きな舞台で活躍していると思います。
では、何か特別な資格を持っているから?
・・・資格は、学生時代に無理やり受けさせられた英検のみ。
この頃は受験に有利ということで一応2級までは頑張って合格しましたが、
その後調子に乗って受けた準1級には3回落ちており、 以来10年間受けておりません。
(ちなみに、TOEICも受けたことがありません。)

でも、英語圏で生活をし、帰国後も外国人経営者の出助けをし、 通訳・翻訳・講師業などを務めてきました。

なぜこのようなことが可能なのか?
なぜ、「話せます」と言い切れるのか?
それはただコツを知っているからに他なりません。

私たちは学生時代、英語を文法から無理やり習わされました。
それがそもそもの間違い。
文法を気にしたら、一生話せるようにはなりません。
(少なくとも私がそうでした)。

何とかこのことを何とかお伝えしたくて、初めはブログを立ち上げ、日々訴えておりました。
しかし、ブログではどうしても限界がありました。
(次の記事を読むのにいちいちクリックをしなければならないですし、
記事数が膨大になるため、大事な所を読み返してもらえないなどの弊害があったのです。)


どうしたらもっと多くの英語で悩める方々にお伝えできるのか?
考えに考えた末、レポートいう形で本気で書いてみよう!と思い、書き始めました。

書いては何度も訂正し、見直し、読みにくい所は校正し・・・の繰り返しでようやく形になったのですが、
気づいたら構想から2年が経ち、ページ数も100ページを超えておりました。
時間をかけた分、私のお伝えしたいことはすべて書き出せたかな、と思っております。



こんな人にこそ、是非読んで欲しい


もしこれをお読みのあなたが上記のどれかに当てはまるならば、
私の執筆したこの商材は、必ずお役に立つと思います。
なぜなら、以前の私自身、ほぼすべてに当てはまっていたからです。
英語講師として、葛藤の日々・・・
「英語を話すことができます」と言うと、ほとんどの方は
「お〜、すごいね」 といった反応をして下さいます。
それだけ、一般的に英会話習得は難しいと考えられているのでしょう。

しかし、難しくしているのは学校教育であって、
皆さんの能力が劣っているからではありません!


私は塾講師・家庭教師などを通して多くの生徒さんに英語を教えてきたのですが、

「そこは"in"じゃなくて "to" って言ったでしょ!」
「"he"だから"play"じゃなくて"plays"!3単元の"s"が要るでしょ!」

とちょっとした文法ミスを正すたびに、
「でも本当はそれでも通じるんだけどね〜」
と違和感を感じ、心の中で常に葛藤がありました。
英語は果たして、必要か否か?

ご存知のように、平成23年度より
小学5,6年生を対象に 年間70時間(週あたり2時間)の英語教育が義務化されました。
一般には「英語の授業」と言われていますが、厳密には教科ではなく、
現在の「教科」「総合学習」「特別活動」に加えて、 新しく「外国語活動」という位置づけで加わりました。
それでも、英語が小学校から義務化されるのは革新的ですし、個人的には賛成です。
(特に、文法から学ばせないという点で大賛成です。)

また近年、ユニクロや楽天といった名だたる大手会社が、 社内の公用語を英語化したのは記憶に新しいと思います。
英語を重視する企業は今や多々あり、例えばソニーや韓国のサムスンなども、新卒者に対してある程度の英語力が入社条件となっています。

以下、TOEIC テストを導入している(英語力を重視している)主な企業例です↓

ソニー 、シャープ 、日立製作所、松下電器産業 、三菱重工業 、本田技研工業、ト ヨタ自動車 、JTBグループ、資生堂、ANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)、 三菱東京UFJ銀行、みずほFG 、三井住友銀行 、カゴメ 、サントリー など
(敬称略)

これから就職をされる方々にとっては、少々耳の痛い話になったかもしれません。
これをお読みの皆さんが現在 どの程度の英語力を必要としているか定かではありませんが、
ともかく英語を話せて損はない時代であることは間違いありません。
頂いたご感想・推薦文


読んでいて何か、ほっこりしました。

Take先生の人柄を知っているだけに、何かホームページを見ていてもほっこりさせられました^^

私が初めてTake先生とお会いしたのは数年前。
「英会話に興味がある」と私が何気に相談したところ、「じゃあこれを読んでみて、感想を聞かせて」と紹介されたのがこの商材でした。

「何これ??」って感じでしたが、まさかTakeさんが書いたものとは・・・!

その日のうちに全部読んでみましたが・・・
正直彼がこんな文才を持っているとは思ってもいなかったし、書いてある内容もすごかったので、本当にびっくりしたのを覚えています。

そもそも彼は、一見すると大人しそうなタイプ。
「俺が俺が」と前に出ていくタイプではないのに、実は自分の意見をちゃんと持っていて、色んな意味でこんなにすごい人だったんだ!と、かなり見る目が変わりました。

私より年下ですが、今では密かに尊敬しています^^
たくさんの人に読んでもらえるといいですね!

宮崎県在住 坂本様

嬉しい!本当に嬉しい!!

 
Take先生のこの商材を読んでから、確実に「英語が話せる」と言えるようになりました!

この商材を読もうと思ったきっかけは、去年友人と行った海外旅行でした。
堂々と現地で英語を話す友人に気後れしてしまったのです。
友人もペラペラというわけではありませんでしたが、日常生活には困らない感じ。
かく言う私は、お店での簡単な会話すらできなかったのです(泣

学生時代も、英語の成績で3以上を取ったことがなかった私。
もちろん単語力にも全く自信がありませんでした。

すがる思いでこちらの商材に目を通し、私なりに頑張って、書いてあることを全て実践しました。
そうしたら先日、たまたま友人の友達(カナダ人)と会う機会があったのですが、以前とは嘘のように、英語を話している自分がいました!
友人も「英会話教室に通ってるの?」と訊いてきたくらい、その変化に驚いていました。

本当に嬉しいです!
ありがとうございました。
埼玉県在住 税所様

これなら誰にでもできる!

「Take先生自身が、どのような過程を経て英語が話せるようになったのか」が書かれています。

正直こういった情報は「あなただからできたんでしょう?」っていうものが多いのですが、
Take先生のこの情報だけは、「これなら誰にでもできる。もちろん私にもできそう!」っていう感じでした。

欲を言えば、具体的な文例があったら、もっとイメージしやすくてよかったかな、と思いました。

(※上記のご意見を元に、特典として、新たに『表現集』をつけさせて頂きました(後述します↓))。
佐賀県在住 牟田様

こんな情報、今までどこにも無かった!


この商材にご縁を頂いたとき、正直全く期待していませんでした
(ごめんなさい。)
でも「これなら私にもできそうだ」と思って、まずはできるところから始めました。

すると最近は、何かを口ずさんだり独りごとを言っているときに、自然と英語で言っている自分がいます!
本当に無意識だったので驚きました。

絶対に、お値段以上の価値はあると思います。
もう少しお値段が高くても、私は絶対にこの商材を選ぶと思います。

まだまだ寒い日が続きます。
どうぞご自愛くださいませ。
神奈川県在住 高木様

この商材を読んで、できること



まだまだメリットがありそうですが、実際に私が体験したものと言えば、こんな感じです。
特に就職の際には、「ほう、英語を話せるんですね」と、ライバルを出し抜いて採用されたことも!
私の英語は完璧ではないものの、このように「話せます」と自信を持って答えられたのも、本書で紹介する手法を実践したからです。
これをお読みの皆さんも、本書の内容をただ実践するだけで、私のように「英語が話せます」と堂々と言えるようになります。
よくあるご質問をまとめてみました

Q1.全く努力しないで話せるようになりますか?
「努力」という定義は人それぞれですので返答が難しいのですが、
極力努力せずに 済むように作ってあります。
例えば、机にかじりついたりとか、そういった事はする必要がありません。

自慢じゃないですが、私自身本当に怠け者で、
「努力」という言葉が大嫌いな人間です。
でも、自身を持って「英語を話せる」と言えます。

努力するのではなくて、日常でほんの少し意識すれば、
いつの間にか喋れるようになりますよ
、 というコンセプトで執筆させて頂いております。
Q2.英語は昔から苦手で・・・成績も良くなかったのですが、こんな私でも大丈夫です か?
正直、そういった方にこそ読んでほしいかなと思います。
私の経験上、初心者ほど上達は早いです。

学生時代ちょこっと英語ができた方よりも、
全然できなかった方の方が、 英語がスーッと入ってくる・・・そんな傾向にあります。
それはおそらく、変な「先入観」とか「執着心」が無いからだと思います。

ある程度成績が良かった方は、下手に「知識」があるので、
「待てよ、ここでこう言ったらおかしいのではないか?」
と変に考えたりして、先へ進まなくなる事があります。
その点 初心者は言ってみれば知識ゼロの状態なので、
受け皿が広く、 初めて聞く言葉でも何の迷いも疑いもなく入っていくようです。

ですから、成績の良し悪しは関係ありません。
大事なのは「話したい」という意欲と、 「会話を楽しもう」という純粋な気持ちだと思います。
Q3.まわりに外国人の知り合いなどいないけど、一人で練習できますか?
できます。この商材はむしろ、一人でできるように作られています。
私自身、いつもこの方法で一人で練習しています。
Q4.ビジネス英語として使えますか?
状況によります。
本当に難しいお仕事(通訳や翻訳、専門用語を使う仕事など)にはちょっと厳しいか もしれません。

この商材はあくまで、全くの初心者の方が話せるようになるのをコンセプトに作られています。
言ってみれば、
「レベル1の方が2にアップする」のではなく、 「レベル0の方が1になる」というイメージです。

したがいまして、
「仕事上覚えたほうがいいんだけど、全く話せないんだ」
という方には使 えると思います。
Q5.英検やTOEIC などの資格に必要な能力が身につきますか?
繰り返しますが、この商材はあくまで「会話」に重点を置いております。
英検やTOEIC などの資格は、文法など従来の学習法での努力が求められますので、
この商材では不向きです。

ただし、英検の二次面接ように会話が求められる場面では使えると思います。
実際、私が携わった生徒さんの2次面接指導は、この商材のやり方を伝授し、
みなさ ん合格しています。
(おかげさまで今のところ、二次面接に限っては合格率100%です)。
Q6.後々、高額な教材とかを買わされるのでは?
100%ありません。基本的には、教材などは一切不要です。

ただし、
「頑張ってもっと話せるようになりたい」
「何か教材があったほうが覚えやすい」
「単語力に自信がない」
と言う方は、教材を使ってもらっても構いません。

それでも、昔使っていた教科書や、市販で1,000 円くらいで手に入る単語帳とか、
そのくらいで十分です。
高い教材を買う必要はありません。
Q7.では、留学を勧めたり、単に外国人の知り合いを作れとか言うのではないでしょうね?
英会話習得において、確かに留学は手っ取り早いです。
ですが、そのようなことは書いておりません。

また私自身、外国人の友達もおりません。
でも、英語を話してと言われたら、すぐに話せます。

この商材では、日本にいて、かつ友達がいなくても英会話をマスターする方法
を執筆させて頂いております。
Q8.私は現在、日常会話程度はできます。でももっと上を目指したいです。こんな私にも役に立ちますか?
まったく役に立たないとは言いませんが・・・

繰り返しますが、この商材は
「本当に英語が苦手な方」「全く喋れない方」「英会話に自信のない方」  
向けに執筆しております。

  したがいまして、現在ある程度英語に熟知している方、 日常会話くらいは可能だと言える方には、あまり向かないと思います。
Q9.新たに単語を覚えないといけないのでしょうか?
中学生の必須単語程度で十分です
とりあえず、今知っている単語で意味は通じます。

これも意外に知られていないことですが、外国人同士の会話をよく聞いてみると、
そんなに難しい単語は用いてないことに気づくと思います。
海外映画・ドラマなどは別ですが、普通の生活では、中学生の必須単語で十分です。

皆さんは最低でも義務教育までは受けてこられたでしょうから、
どんなに苦手であっても、英語の授業は受けてきたはずです。
その時に覚えた単語で十分なんです。

あまり覚えてない、自信がない、という方でも大丈夫です。
英語でスピーチをしたり論文を発表したりと、よほど大切な場面であれば別ですが、
日常会話程度でしたら、わざわざ難しい方を選ぶ必要はありません。
Q10.年齢制限はありますか?
ありません。
2011年度のデータですが、
英検1級の合格者の最年少は9歳、最高齢 で70歳だそうです!
↓↓(日本英語検定協会ホームページより)

ものごとを始めるのに、老いも若いもないということがよく分かりますね。
本当に大事なのは「英語を話したい!」という意欲(純粋な気持ち)だと思います。

気になる本書の内容は・・・

本書の目次を載せておきます。
そのまま載せたらネタばれになってしまうため、一部●処理で失礼します
(読んで頂いた方だけの、最高の情報ですのでご理解ください)。

どの章も、英語を話したい方にとっては大事なところばかりです。
1度読めば理解できると思いますが、より深く習得して頂くために、
できれば繰り返しお読み頂き、実践していただけたらと思います。
(実践は本当に、どなたでもできる簡単な(しかし効果はパワフルな!)ものばかりです。)
はじめに

第1章
通じれば問題ない
  1. 通じれば問題ない
  2. 海外に行ったら話せるようになる?
  3. ジャパニーズ・イングリッシュ
  4. 日本人の会話の特徴
  5. ある日本人女性の何気ないひとこと
  6. 会話が楽しくなった!
  7. 中学3年生の英語で、十分伝わる
  8. 習うより慣れろ!
  9. 下手な英語でも、ちゃんと通じる
  10. ●●は文法を気にしない
  11. ●●しなければ始まらない
  12. ブロークン・イングリッシュの例
  13. 外国人には皆、寛容
  14. ●●●●、●●●●を声に出す
  15. いつでも、どこでも練習できる

第2章
英語力・単語力に自信のない人へ
  1. ●●●の教科書
  2. ●●●会話帳

第3章
もっと楽に単語を覚えられる方法
  1. 名詞編1 〜●●〜
  2. 名詞編2 〜英語で●●する〜
  3. 「勉強しよう」と思わなくていい
  4. 形容詞・動詞編 〜●●●●〜

第4章
英語が口から出てくるのをもっと加速させる方法
  1. 今さらながら、●●は「超」大事
  2. 13ヶ国語を話した語学の秀才に学ぶ、●●の大切さ
  3. 10回●●すれば、たいていは覚えられる
  4. 電話番号
  5. ものまねをする

第5章
楽に耳を鍛える方法
  1. リスニング上達法
  2. 周波数
  3. 草g剛さんと香取慎吾さん
  4. 子供は皆、天才
  5. とにかく●●●●●●!

最後に(あとがき)


ここまで、111ページです。 
そして、後述する各ボーナス特典を含めると、全185ページになります。

価格の発表です。

お値段に関しては、正直かなり悩みました。
世間には商材を売っている人がたくさんいるけど、 実際に書いているのは他の人だったり、
ネットや本からの寄せ集めの情報で販売している人も、星の数ほどいます。

でも私のこの商材は、 すべて私の経験を通じて、私の言葉で書いています。
メモ帳から書き始め、ある程度形になったらワードに移し、
そこから何度も何度も推敲して、ようやくPDFファイルを作りました。

何しろ、2年以上かけて執筆した自信作です。
生半可な気持ちでは絶対にお届けできません。
あまりに安くすると、本気でない人が半端な気持ちで購入してしまいます。
ですが、「バカ高い教材にもしたくない」というのが正直な気持ちです。
ですので、相場をくまなく調べ、このくらいなら妥当だという金額を設定しました。
9,800円です。

・・・1万円を切りました。
安いでしょうか?高いでしょうか?
経済観念は人それぞれですが、私は超安いと思います。

一生使える英語をモノにできるのですから、
ヘタに英会話学校に行くよりも、こちらの方がお得です。

私のスタートラインは、あなたと同じ。
「英語が話せたらいいなあ」と思いながらも、まったく話せない状態でした。
そこから、20年近くの経験と、膨大なお金をつぎ込みました。
その結果、話せるようになりました。

それを私の提唱する方法、つまり私のこれまでに得た知識と交換してほしいのです。

ここに断言します。
時間は有限です。
ある程度の代償を支払い、情報を得るか得ないか。
これにより、あなたのこの後の人生が180度変わってきます



多くの商材では、必ず特典を付けます。
たまに見かけますよね?「特典100個!」とか。
いかにもお得なように見えますし、実際に私も、それら特典につられて購入したことが多々あります。
しかし、それらが役に立ったことはあまりありません。
それは、ほとんどが再販権利付の、いわゆる他の人が書いたものやツールだからです。
商材と関係のない特典をもらっても、意味がないと思いませんか?

ですので、私の場合は特典にもこだわりました。
まず当然ですが、こちらも全て、100%私が執筆いたしました。

情報は、多ければいいというものではありません。
お伝えしたいポイントを、できるだけ分かりやすく・・・そんな思いで、
本編は100ページ前後を目安に作らせて頂きました。
でも、本音をいうと、まだまだ言いたいことはたくさんあります。
その「本編に載せられなかった情報」や、理解をより深いものにするために新たに
「表現集」と題した以下の情報たちを、特典としてお届けいたします。

寄せ集めの情報ではありませんので、こちらも必ずお役に立てるはずです。


苦痛な勉強を、楽しく継続させる5つの方法

本編でも述べていますが、私は「勉強」というものがあまり好きではありません。
しかし生きていると、勉強しなければならないことが多々あります
(生きることそのものが勉強とも言えますが)。
どうせ勉強しないといけないのなら、楽しくした方がいいに決まっています。

実はこの5つの方法は、元々私が講師をしていた時に、生徒さん向けに執筆したものです。
おかげさまで好評を頂きましたが、特に親御さんからの反響が大きく、
「大人の私でも役に立ちました!早速実践してます」
という感想も頂き、本当に嬉しかったのを覚えています。

ですので、生徒さんに向けた文章にはなっておりますが、
大人の方でも十分役に立つ内容になっております。


実際に通じた表現集

先にも掲載させて頂きましたが、
「何か文例集のようなものがあるとイメージしやすいんだけど・・・」
というご意見を頂戴し、「なるほど」と思い作成させて頂いたものがこれです。
実際に私の体を通して、こういう感じで話せばいいんだというのをお伝えしたくて執筆しました。

これを読めば、「ああ、こういうことね」と本編の理解がより深まると思います。
読んで頂いた皆様からは、
「目からウロコ」「これなら絶対私にもできる!」「自信がついた」
と、ありがたいお言葉を頂戴しております。


英語、外国語の勉強が好きな方へ朗報

こちらは意外と知られていない方法で、 無料で●●●●できる方法です。

英語に限らず、外国語学習をする上で、役に立ちます。
私が初めてこれを知ったのは約1年前になりますが、
以来、経済的に助かっています。


今後何度でも商材・ボーナス等を獲得する権利

私は今後も、有益な情報、気づいたことなどは、常に更新・発信していきます。
それは、新しい特典や、今商材を加筆・修正した「改訂版」かもしれませんし、
あるいは2つ目・3つ目の商材という形になるかもしれません。

どのような形にせよ、今回ダウンロードして頂いた方には、
今後私が新しく出したものは全て、何と100%無料でお届けいたします!!。

例えば私が今後、仮に9,800円の商材を発表した際は9,800円分の、
その次に18,900円で出した際は18,900円分の商材が丸ごと、あなたの元にお届けされるわけです!
(そしてその時にお出しするであろう追加特典も、すべてあなたの元にお届けいたします!!)

ですので、今商材は9,800円でお出ししておりますが、
実質無料(むしろプラス?)になるとお考え頂けると思います。


「売ったら終わり」では買っていただいた方にあまりにも失礼ですので、
このような無謀な特典を付けさせていただきました。

(↓↓通常価格14,800円から今だけ5,000円引き!↓↓)
お申し込み受付中
PDF ダウンロード形式 185ページ(特典含む)
お支払いはクレジットカード・銀行振込・Bitcash

おわりに・・・

拙い文章で読みづらかったかもしれません。
他にもお伝えしたことが山ほどあるのですが、そちらは本編の方に譲ることにします。

何度も申し上げますが、構想から作成まで2年以上もかけていますので、
本当に心から「英語を話したい!」という気持ちの方のみ読んで頂きたいです。

よくある販売ページのように
「あと○日で値上げ!!」
と煽ることはしませんし、過剰な宣伝もいたしません。

これを読んで、多くの方が「英語は難しくない」
ということを理解していただければ、 こんなに嬉しいことはありません。


長々とお読みいただき、本当にありがとうございました。

Keep trying.
and…
Believe yourself!


それでは、本編でお会いいたしましょう!

トップページ | 特商法表記 | 英語で話そう.net